目的地またはホテル名

選択    リセット

選択

客室数

新着ホテル

いち早く体験してみたい、本サイト新着ホテル

The William Vale

アメリカ|ニューヨーク

高層ビルはまだ比較的数少ないウィリアムズバーグだからこそ、ここ「ザ・ウィリアム・ヴェイル(The William Vale)」の存在はなかなか衝撃的。アルボ・リベリス(Albo Liberis)の手がけたこの超都会的なビル。インパクトある見た目だからこそ、館内&サービスにおいてもスケールの大きなモノを期待せずにはいられません。いえ、言い方を変えれば、ウィリアム・ヴェイルの登場こそ、ブルックリンのホテルシーンが遂に世界の人気観光地レベルに到達した証拠になっているのかもしれません。

詳細を見る

The New York EDITION

アメリカ|ニューヨーク

デザイナーズホテルなるコンセプトを築いたパイオニアとして知られるあの人、といえば、ご存知イアン・シュレーガー。自身の名前で経営していたホテルグループはすでに手放しているけれど、近年は大手マリオット・グループと手を組み、“エディション”というホテルブランドをプロデュースしています。かつてのシュレーガー系ホテルよりも少し高級感があり、平均的なマリオットのスタイルよりもずっとスタイリッシュなこのホテルブランド。ある意味、彼にとってのホームカミングとなる「ザ・ニューヨーク・エディション(The New York EDITION)」は、フラットアイロン地区に20世紀初頭に建てられた、メトロポリタンライフ・タワー(Metropolitan Life Tower)をリノベーションして完成しました。

詳細を見る

Jusandi

沖縄|石垣島

沖縄に行くぐらいなら、海外へ・・・。海外旅行に慣れたTabletユーザーの方なら、普段そう思っている人も少なくないはず。けれど、ホテル好きな私たちだからこそ訪れたい場所が、ついに沖縄にも登場。それが、石垣島の「ユサンディ(Jusandi)」です。

詳細を見る

Hotel Exquis Paris

フランス|パリ

多数の著名人が眠るペール・ラシェーズ墓地からほど近い、11区にある「ホテル・エクスキ・パリ(Hôtel Exquis Paris)」は、爆発的にカラフルで、実はちょっとエコなプチ・デザイナーズホテル。そのシュールなクリエイティブ感覚と大胆なネオンの色彩は、どうしてか、狭めの部屋のインテリアを実際よりも広く感じさせてくれます。

詳細を見る

Chiltern Firehouse

イギリス|ロンドン

シャトー・マーモントや各都市のスタンダード・ホテルを成功させてきたアンドレ・バラス(André Balazs)氏が手がけたホテル、とあれば、そのクオリティはお墨付き。ここ、「チルターン・ファイアハウス(Chiltern Firehouse)」はオープンするかしないかの内から、満員御礼。早くも、イギリスやヨーロッパはもちろん、アメリカやその他の国からもひっきりなしに有名人が訪れる、セレブスポットとして知られるように。

詳細を見る

Baccarat Hotel & Residences

アメリカ|ニューヨーク

セントラルパークの南、MoMAの真向かいにそびえる「バカラ・ニューヨーク(Baccarat New York)」は、訪れた瞬間、世の中が不況であることさえ思わず忘れてしまいそうないで立ちです。言わずと知れた高級クリスタルの代名詞、バカラ社が手がけるこのホテル。2世紀半続く同社の伝統を見せつけんばかりに、ミッドタウンの一等地に堂々登場しました。

詳細を見る

Banyan Tree Lang Co.

ベトナム|フエ

バンヤンツリーが、プーケットにそれまでになかったタイプのリゾートをオープンしてから、早20年。以来、東南アジアの見事な海岸線沿いの土地に、その環境に見合う見事なリゾートを造り続けています。その一つがここ、フエとホイアンの中間点で、つい最近まで地味な漁業村だった場所に、49棟の大きなプールヴィラを連ねて完成した「バンヤンツリー・ランコー(Banyan Tree Lang Co)」。もしほかのホテリエがこういったものを手がけたら、“ひどい話だ”とも思ってしまいそうですが、地元の自然環境と文化も、ゲストのニーズ同様に尊重するバンヤンが手がけたとあれば、ちょっと安心できるはず。

詳細を見る

Mandarin Oriental Taipei

台湾|台北

新築とはいえ、ここ「ザ・マンダリン・オリエンタル 台北(The Mandarin Oriental, Taipei)」は、モダン建築や高層ビル、キラリ輝くガラスの塔に包まれたアジアの典型的な高級ホテルのイメージとは大違い。クラシカルな老舗ホテルのような存在感さえ感じさせます。デザインは30年代のエスプリを感じさせるアールデコ様式で、しかも、単にちょっとデコな要素を取り入れた、といったレベルではなく、その仕上がりは、ため息モノの徹底ぶり。マンダリン・オリエンタルといえば、それだけでも超一流のラグジュアリー体験が期待できるホテルだけれど、ここはいつも以上に特別な一軒、と言ってもいいかもしれません。

詳細を見る