どちらへお出かけですか?

旅行日程   

大人

子供

客室タイプ

新着ホテル

いち早く体験してみたい、本サイト新着ホテル

Sakura Terrace The Gallery

日本 | 京都

古都・京都の魅力は、やっぱり歴史溢れる寺社建築や、趣ある町並みとしっとりとした和心。そんな雰囲気を思い切り吸収すべく、町家や旅館に泊まるのも一案。でも、観光に勤しんだ1日の終わりには、現代空間で遠慮なくくつろぎたい、と思うのも納得。そんな人にぜひ注目してもらいたいのがここ、「サクラテラス・ザ・ギャラリー(Sakura Terrace the Gallery)」。

詳細を見る

Keemala

タイ | プーケット

ホテルの種類・タイプの区別方法というものは、必ずしもはっきり線引きされているわけではありません。だって、例えばデザイナーズホテルと高級リゾートを分ける絶対的な条件って何だと思いますか。ね、色々な宿を知っていれば知っているほど、答えるのは難しいでしょう。それならば、プーケットの「キーマラ(Keemala)」は、彼ら自らが語る通り、“プール付きヴィラが集まるワンダーランド”と呼んであげるのが一番。島の沿岸沿いに広がる熱帯雨林の中に、すっと溶け込むようにして作られたヴィラは、文字通りどれもプール付き・・・。

詳細を見る

Hotel Monge Paris

フランス | パリ

昔ながらのロマンチックな街並みは、やっぱりパリの魅力の一つ。市内中心地には、新築の建物なんてほとんど存在しない、と言っても過言ではないでしょう・・・。いえ、もちろん皆無というわけではありませんが、この街ではやっぱり古い建物を利用して何か新しいことをする、という方が一般的です。その一例となるのが、パリ植物園とパンテオンの間、カルティエラタン地区の心臓部にある古い大邸宅の中に作られた「ホテル・モンジュ(Hôtel Monge)」。1876年に建造されたこの建物はこれまでずっと、とある裕福な一家の邸宅となっており、左岸の歴代のアーティストや作家が頻繁に招かれ、もてなしを受けていたのだそう。 そんな夢のような一軒が近年、大型改装を経て、全30室のお洒落なホテルとして生まれ変わりました。

詳細を見る

The Pilgrm

イギリス | ロンドン

アルファベットが一つ足りないように見えますが、「ザ・ピルグリム(The Pilgrm)」のスペルは、間違いではありません。ロンドンのパディントン駅からすぐ、ノーフォーク・スクエアに登場したこのホテルは、あえて二つ目の“i”を外しているんです。フロントデスクというものは特に用意せず、チェックインは到着前にオンラインで完了。ロンドンと聞いて思わず心描くビクトリア朝風のロマンチックなバスタブもなければ、客室空間も大した広さはありません。Lサイズの部屋さえ、ロンドンの標準的なホテルと並べると小さめ。簡単に言ってしまえば、ザ・ピルグリムは、無駄を省いて必要最小限をスッキリ収めたホテルなんです。

詳細を見る

Park Hyatt Bangkok

タイ | バンコク

ちょっとうるさいぐらいに賑やかでワイルドで、いつも活気溢れるタイの首都、バンコク。近年、アジアを代表する近代都市の一つとして急成長を遂げてきたこの街。その変貌を洗練された姿で反映するのは、待望のオープンを迎えた「パークハイアット・バンコク(Park Hyatt Bangkok)」です。高層ビルに巨大ショッピングモール、そして十分な空調設備を整え、未来に目を向けた新生バンコクにぴったり。いくら近代化が進んでも、バンコクはまだまだ喧騒と渋滞と空気汚染を避けられない街だから、そんな全てに疲れたとき、きっとここを予約してよかった、と思えるはず。

詳細を見る

SIGNIEL Seoul

韓国 | ソウル

景色重視のあなた、韓国に行くなら迷わず「シグニエル・ソウル(Signiel Seoul)」にチェックイン。世界屈指の高層ビルとして知られるロッテワールドタワーの、76階〜101階を占める宿泊施設なんです。つまり、ソウル市内で一番背の高いホテルであるのはもちろん、視界を隔てるものなく、どこまでも広がる街並みとその先の山々を一望する贅沢なスポットとなっているわけです。ホテルの一番下のフロアにいても、市内2番目の高層タワーのてっぺんが見えてしまうのだから、そのレベルの違いがわかるはず。

詳細を見る

Riva Arun Bangkok

タイ | バンコク

バンコクには圧倒的に素晴らしい大型高級ホテルがずらり。サービスの質の高さも、世界屈指と言われているのはご存知の通り。でも、もう少しパーソナリティのあるデザイナーズホテルとなると、この首都はタイ国内のその他のエリアに比べて少し開発が遅い印象でした。が、そんなイメージを払拭すべく登場したのがこちら、「リーヴァ・アルン・バンコク(Riva Arun Bangkok)」。チャオプラヤー川沿いの古い商業用ビルを、美しく改装して出来上がった全25室のこのホテル。川向こう正面には、ワット・アルン寺院の特徴的な尖塔が。

詳細を見る

The Marmara Park Avenue

アメリカ合衆国 | ニューヨーク

海外のホテルブランドがニューヨークに進出し成功した例というのは、特に今回が初めてというわけではありません。けれど、「マルマラ・パークアベニュー(Marmara Park Avenue)」には、特にクラシカルで洗練されたものがあり、その名前を知らない人は(そして知っている人も)、ここがトルコのホテルチェーンだとはなかなか気づかないかもしれません。

詳細を見る